「悠久のオランダ・ベルギー・ルクセンブルク・ドイツ8日間」友の会ブログ

夢ハウス・ロゴ

無垢材の一戸建て新築・リフォームなら夢ハウス

自然素材の無垢木造住宅を全国へ!加盟店数400社!
日本最大の住宅ビルダーネットワーク

お問い合わせ・資料請求

友の会ブログ写真

友の会ブログ

2017-09-14

悠久のオランダ・ベルギー・ルクセンブルク・ドイツ8日間


4月14日(金)、成田空港11時25分出発のフランクフルト行きの飛行機に乗るために、当日の朝3時に夢ハウスのショールームを出発。成田空港に8時過ぎに到着。搭乗手続きを済ませ無事に出発。搭乗時間12時間でフランクフルト空港に到着。(日本との時差は7時間)バスでリューデスハイムに移動。<移動距離67㎞>

4月15日(土)
ドイツのリューデスハイム散策
DSC00889.JPGリュ-デスハイムのつぐみ横丁
「ラインの真珠」と讃えられ、ワインの産地として有名な所で、ここからライン川クルーズの船に乗った。世界遺産に登録されている区間には、30もの古城や城壁が残っている。

オランダ・ベルギー・ルクセンブルク・ドイツ 058.jpgいよいよ乗船。たくさんの人が乗り込んだ。

オランダ・ベルギー・ルクセンブルク・ドイツ 055.jpgプファルツ城。丘の上の左端にはグーテンフェルス城が見える。
歌で有名なローレライもあった。しかし、切りたった断崖だけがあるだけ。がっかりです。このローラレイは世界三大がっかりのひとつだそうです。

オランダ・ベルギー・ルクセンブルク・ドイツ 060.jpgベルンカステルクース。ヨーロッパの美しい村30選に選ばれた所

DSC00894.JPGドイツ最古の街トリアーの世界遺産ポルタ・ニグラ(黒い門)。昔は白かったが、今は黒い状態。城壁だが見張りの兵士が上の高い所で寝泊まりしていたらしい。この街は長岡市と姉妹都市だそうです。
<夕食後、ルクセンブルクを目指してバス移動58㎞>

4月16日(日)
ルクセンブルク(世界遺産)観光DSC00908.JPG憲法広場にある戦いに勝利した記念塔

DSC00909.JPG
DSC00912.JPG
DSC00914.JPGノートルダム大聖堂。ここで、大公(ルクセンブルクの王様のこと)とベルギーの王女様の結婚式が行われた。

DSC00916.JPG
DSC00917.JPGルクセンブルクの大公宮。大公が公務しているときは国旗が飾られているので、本日は不在。門前の衛兵は人形のように動かず、眼だけがキョロキョロしていた。

DSC00919.JPG
DSC00918.JPGボック(963年アンデンヌ伯が岩壁に築いた要塞)ここから、市内の眺めが素晴らしかった。
<バス移動137㎞>

ベルギー南部のアンデンヌ地方のデユルビュ
DSC00928.JPG
DSC00929.JPG世界で一番小さい町と言われている。30分ほどで街の中を一周して戻って来れる。
<バス移動244㎞>
ベルギーのブルージュの街の夜の観光 
DSC00934.JPG
DSC00935.JPGライトアップされた歴史博物館 鐘楼(世界遺産) とてもきれいであった。

4月17日(月)
ブルージュ観光
DSC00941.JPG
DSC00943.JPG昼間の歴史博物館 鐘楼 夜の景色と違って、中世のヨーロッパのゴシック建築がすばらしい。
DSC00948.JPG
DSC00958.JPG街の中を縦横に運河が流れている。50以上の橋がある。観光客用の馬車も走っていた。
DSC00962.JPGペギン修道院(世界遺産。)白鳥がたくさんいた。
DSC00965.JPG運河クルーズでたくさんの船が行き来していたが、どの船もたくさんの人が乗っていた。
DSC00973.JPG
DSC00974.JPGデウ・バルヴ・マーン醸造所の見学。この会社のビールマーク(ブルックス・ゾット)。
なんとこの会社、日本の日本橋に最近、お店を出したそうです。
DSC00976.JPG
DSC00981.JPG昔の設備と今の設備が共存されて、見学できる施設。ビールカフェも併設されている。
DSC00979.JPGここの屋上の景色も素晴らしかった。今まで雨が降っていたのに、ちょうど晴れて、遠くまですっきりと見えた。
DSC00983.JPGみんなで出来立てのビールを試飲。とっても美味しかった。
DSC00989.JPG私たちも運河クルーズに出発。
DSC00992.JPG絵葉書のような風景でした。
DSC00993.JPG昼食はムール貝を食べた。鍋に山盛り。これまた、美味しかった。完食しました。
DSC00995.JPG
DSC01001.JPG
DSC01002.JPG昼食後はブルージュの街を散策。ベルギーのパトカーは白と緑色でした。
DSC00998.JPGこの建物はチョコレートのお店です。このお店のチョコレートを試食。たくさん試食させてもらったので、みんなで、お土産のチョコレートを購入。とても美味しいチョコレートでした。
<バス移動107㎞>

4月18日(火)
ベルギーのアントワープ観光
オランダ・ベルギー・ルクセンブルク・ドイツ 032.jpg
DSC01007.JPG
DSC01010.JPGノートルダム大聖堂。左側の北塔は完成したが、右側の南塔は資金難のため今だ、未完成である。ここのステンドグラスも素晴らしかった。
DSC01006.JPG
DSC01008.JPGこの大聖堂に飾られている、17世紀を代表する画家ルーベンスの「キリスト昇架」と「キリスト降架」 フランダースの犬のネロが一目見たいと憧れた絵画です。
オランダ・ベルギー・ルクセンブルク・ドイツ 033.jpg「フランダースの犬」のネロとパトラッシュ。道路で寝ているみたいで、びっくりした。このアントワープでは、日本ほど有名でないらしい。観光客が多いので、これを作ったとのことでした。
<バス移動94㎞>
オランダのキンデルダイクへ。
DSC01013.JPG
DSC01017.JPGオランダ最大規模の風車が集まっている。1740年代に造られた風車、全部で19基。昔は50基以上もあったらしい。レク川、ノールト川の両側に並び壮観な景色であった。
<バス移動53㎞>
オランダのハーグへ
オランダ・ベルギー・ルクセンブルク・ドイツ 025.jpg
オランダ・ベルギー・ルクセンブルク・ドイツ 026.jpgマウリッツハイス美術館  ビネンホフ(国会議事堂)
オランダ・ベルギー・ルクセンブルク・ドイツ 023.jpgこの美術館にあるフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」。この絵画は「北のモナリザ」とも称されフェルメールの代表作。少女が振り返った瞬間が見事に表現されている。また、少女のしっとりとした唇の表現が素晴らしいとのこと。確かに素晴らしい絵画でした。
<バス移動73㎞>
オランダのアムステルダムへ

4月19日(水)
オランダのキューケンホフ公園見学
DSC01025.JPG
DSC01038.JPG
DSC01040.JPG東京ドーム7個分の広さに700万株の植物が植えられている。チューリップが多く、ちょうど見ごろでとってもきれいでした。この公園は1年のうちの2ヶ月だけしか開園しない。今年は3月23日から5月21日まででした。
DSC01031.JPG
DSC01032.JPG温室ではランの花が栽培されていて、見事であった。また、珍しい青いランの花があり、びっくりした。
私たちが出発するころ、すごく混みだした。グランド3個か4個もありそうな広い駐車場が大型バスでいっぱいだった。また、道路も渋滞していてこの公園に入るために車が2㎞くらいも続いていた。
<バス移動38㎞>
アムステルダム見学
13世紀ころ、アムステル川の河口にダムを造り、街が築かれた。そこから、アムステルダムの名前がついたとのこと。17世紀には東インド会社の拠点として栄え、世界貿易の中心地となった。
DSC01057.JPGアムステルダムの街も、市内に運河(世界遺産)が張り巡らされている。運河の数は165もあり、1300あまりの橋がある。ここでも船に乗った。中央駅からダイヤモンド工場まで乗った。
DSC01056.JPGマヘレのはね橋 アムステル川にかかる有名な橋。船が下を通るときには、中央から二つに分かれて持ち上がる。「007」の映画にも登場するはね橋です。
DSC01062.JPG
DSC01060.JPGアムステルダム国立美術館 1885年に開館し世界屈指の中世絵画の傑作を収蔵している。2013年に10年間にも及ぶ大改修工事を終えてリニューアルオープンした。 
オランダ・ベルギー・ルクセンブルク・ドイツ 010.jpg
オランダ・ベルギー・ルクセンブルク・ドイツ 008.jpgフェルメールの「手紙を読む青衣の女」。ゴッホの「灰色のフェルト帽の自画像」点描を独自に展開した絵画で顎髭が動きを生み出している。
DSC01063.JPGアムステルダム中央駅。東京駅のモデルとなったらしいという駅。赤レンガの外観が美しい。
DSC01066.JPG川の並木をバックに集合写真をパチリ。景色を堪能できるように見晴らし用のスペースが取られている。
DSC01068.JPGグランドホテルアムラス アムステルダムの街の真ん中にあるホテルで2泊しました。5つ星の高級ホテルでした。しかし、昔からのホテルなので、古く通路が迷路のように入り組んでいて、覚えるまで迷いました。部屋の形も四角でなく、扇形のような形をしていました。

4月20日(木)
8時ホテルを出発。ドイツのケルンを目指してバス移動269㎞。12時過ぎにケルンに到着。
昼食後、ケルン大聖堂(世界遺産)の見学
DSC01074.JPG
DSC01083.JPG大きくてカメラに入らない。かなり遠くからでないと全体を写せない。
DSC01075.JPG大聖堂の入口 多くの人が見学に来ていた。右側は工事中であった。
DSC01078.JPGここでもステンドグラスがとてもきれいでした。
DSC01080.JPGちょうど募金活動をやっていました。

ドイツのフランクフルト空港を目指して、バス移動190㎞
DSC01087.JPG日本航空の直通便で19時20分、成田空港を目指して出発。下に見えるのは、フランクフルトの街。外はまだ明るい。日没が8時半過ぎでした。
フライト時間は11時間20分 行きよりもフライト時間が短い。
無事に成田空港に13時40分頃到着し、夢ハウスのバスで新発田に帰ってきました。
今回も事故やケガもなく、楽しくにこやかに、笑いの中で旅行ができました。
世界遺産、素晴らしい景色や絵画をたくさん見てきました。

→ 友の会ブログ一覧へ戻る

友の会ブログ
友の会ブログ説明

専用のリムジンバスで!

国内旅行にとどまらず、海外旅行にも出かけます。イタリア、スペイン、ポルトガル、カナダ、中国といったところへみなさんといきました。海外でも楽しい親睦ができました。「友の会」の懇親会や旅行を通じて、様々な業種の方とお話しすることができるので人の輪がどんどん広がっていきます。

友の会とは:

20周年を迎えたときに夢ハウスのオーナーさまたちが発起人になり、友の会がつくられました。旅行、イベントなどを開催。

施工事例 夢ハウス デザインブック
tsumiki
自由設計 郷の家
リセット住宅 薪ストーブ
無垢にこだわる夢ハウスが新しくオンラインショップをオープン!
実際の夢ハウスを見る 見学会イベント 店舗一覧 メールマガジン登録
お問い合わせ
健康志向の子育て世代に向けた新ブランド「tsumiki」シリーズが登場。