㈲大建 - トップページ

施工対応:
  • 自由設計
  • 郷の家
  • リセット住宅
  • TSUMIKI
〒010-0951
秋田県秋田市山王6丁目16−3
公式ホームページ: http://www.daiken1.com

「本物」への探究心が結んだ、赤塚会長との出会いと「秋田」での挑戦

「本物」への探究心が結んだ、赤塚会長との出会いと「秋田」での挑戦イメージ

赤塚会長との出会いは、起業5年目佐藤社長26歳の時だった。偶然知った“狂わない木”を見る為に夢ハウスを訪ね、そこで運命の出会いを体験する。「なんだ、このオヤジ!?」

それが赤塚会長の第一印象だったそうだ。初対面の佐藤社長を、赤塚会長は旧知の友人のように迎えた。「型通りの挨拶やきれいごとを並べるんじゃなく、初めて会った俺に人間味のある話をしてくれたんだ」20歳も年下の自分を一人の人間として尊重して大切な話をしてくれている、そう感じられる時間だった。この出会いで赤塚会長と意気投合した佐藤社長は、その後、頻繁に新潟を訪れるようになる。「夢ハウスは、お客様に喜んでいただきたいという、赤塚会長の強い想いから無垢材と自然素材にこだわった家づくりをしている。特に、狂うのが当たり前とされていた無垢材を“狂わない木”に仕上げたように、よいと信じる家をつくるために徹底的に手を尽くす姿勢に感銘を受けた。それで俺もお客様に喜んでいただける家を作ろうと自分の道を定め、ビジネスパートナーへの加盟を決意した。」
佐藤社長が地元秋田で初めにしたことは、自分の家を建てることだった。「実際に住んでみないと、良いところや悪いところは見えてこない。また、建築を一から学ぶ機会としても自分の家を建ててみることが一番良い」と思ったからだ。そうして秋田県での夢ハウス第1棟目が誕生し、あらためてその良さを実感。本格的に事業展開を始めていった。その後はお客様宅への訪問や完成内覧会を開催するなど、初期投資の大きい展示場はあえて持たず実際の現場を見せながら家づくりへの理解をお客様に深めてもらった。豪快な印象のある佐藤社長だが、その裏には緻密な計算と堅実な行動計画が練り込まれているのだ。さらに特徴的なのは大建には営業マンがいないこと。「本物を提供するのに営業マンは不要。しいて言うならお客様が営業マンかな?実はお客さんだった人が社員でいるんだよ、面白いでしょ」お客様へしっかりと価値の説明ができ、共感していただければちゃんと選んでもらえるし口コミにもつながるという佐藤社長の自信が根底にあるからこそ、売るための人員は必要ないのだという。社長の話の中にもでてきた、大建という企業姿勢に惚れ込み、転職してきた元お施主様の社員がその好例だろう。大建のファンづくりは様々な好循環を生んでいる。

もっと読む

ものづくりの原点を見に行こう。「新潟ツアー」の誕生。

ものづくりの原点を見に行こう。「新潟ツアー」の誕生。イメージ ものづくりの原点を見に行こう。「新潟ツアー」の誕生。イメージ2

佐藤社長は「皆で幸せになろう」という想いのもと、組織の枠にとらわれず、夢ハウスの中でも様々な仕組みを作り上げてきた。

現在、ほとんどのビジネスパートナーが行っている『新潟ツアー』は佐藤社長が「ものづくりの原点を見せたい。俺が感動した夢ハウスの仕事に取り組む姿勢を見てもらいたい」という想いから始まった。ツアーにはなるべく佐藤社長も同行し、積極的にコミュニケーションをとることを心がけている。「私が来ると、驚くお客様もいるけど、自分の目の届かない仕事はしたくないからね。お客様と接することで、会社としての方針や思想も理解してもらえるし、一緒に家のことや仕事のこと、人生観について語り合うことで、お互いの信頼関係も築ける」なんとも佐藤社長らしい考え方だろう。今でも赤塚会長や大沼社長、夢ハウスのスタッフとは年の差や立場を越えて、皆が良くなるための様々な意見交換をしている。「今年(平成28年現在)で加盟16年目。これまでいろいろなことがあった。夢ハウスのスタッフとは良い時も悪い時もみんなで乗り越えてきた戦友のような関係だ」と佐藤社長は誇らしげだ。年1回行われるビジネスパートナー総会では、多くの夢ハウススタッフが社長に声をかける。和やかに話し込むその姿に新密度の深さがうかがえた。

もっと読む

大建がこれから秋田で目指すもの~暮らしに「あきた」を~

大建がこれから秋田で目指すもの~暮らしに「あきた」を~イメージ 大建がこれから秋田で目指すもの~暮らしに「あきた」を~イメージ2

これまで多くの夢ハウスの家を建ててきた大建が次に目指すものがある。それは『秋田で暮らす』ということにあらためてスポットをあてた家づくりだ。

夢ハウスのノウハウを活かしつつ、『あきた』という地域性を加え、『あきた』で暮らせてよかったなと思っていただけるような家づくりを提供していくという。「本物の木材を使っていくうちに、物事にはすべて根源があって、本質を知る大切さを学んだ。家づくりもただ良い素材、良い工法で建てればいいというものではない。地域に合った暮らし方の提案についても、プランのご提案時から積極的に提案していく」という佐藤社長の考えは、夢ハウスでの実績を積み上げてきたからこそたどり着く地域工務店の指標の一つのように思える。
そうした指針のもとに平成25年、秋田市飯島に新展示場「大建の家」は完成した。佐藤社長をはじめとするスタッフ全員が、“暮らしに「あきた」を”というコンセプトのもとに造り上げた大建2棟目の展示場だ。(1棟目は郷の家プランで既に売却済)構造や工法は従来通りの夢ハウス仕様。そこに地場の素材や技術を加え、オリジナルの間取りプランを構築した。照明器具も地元企業と開発。秋田では珍しい「苔庭」も隠れた見どころの一つだ。「家と庭と書いて家庭と読む。最近は、家と庭を別個に考える人が多いが、私達が家と庭を一緒に提案することで、暮らしの中での関係性を再発見して欲しい」と、大建では庭づくりにも力を入れている。また、おもてなし方にも大建流がある。来場は予約制で一日に数組しか見学することができない。「家というものは、ゆっくり自分のペースでいろいろなところに腰を掛けたりして見るもの。そしてじっくりと考えを聞かせていただいたりお話をしたりする場として、来場にあえて決まりを設けました」それでも、雰囲気につられてふらりと立ち寄るお客様も後を絶たない。スタッフのアイデアで旬の食材がそっと調理されて出てきたり、薪ストーブで焼き芋やピザを焼いたりと展示場らしからぬおもてなしも好評だ。ちなみにお施主様になればいつでも予約なしで来場はOKとのこと。

もっと読む

これから秋田で家づくりを考えている方へ

これから秋田で家づくりを考えている方へイメージ

全国でもこれだけの熱い仲間がいるグループは特別です。

夢ハウスは“良いものを安く提供したい”という想いで日々、研鑽しているわけですが、私達ビジネスパートナーもその努力に甘んじているだけではいけません。お互いの努力があってこその信頼関係です。これはお客様と私達の関係にも言えることです。「おまかせ」ではいけません。家づくりは一生に一度かもしれない大きなイベントです。これからの生活の舞台づくりでもありますから、素材のこと、工法のこと、暮らし方のこと、沢山勉強していただかなければ本当にいい家はできません。秋田で新たなご生活をお考えの方は、ぜひ弊社の展示場へ足を運んでみてください。一緒にどのような家にしたいのか、どんな暮らし方をしたいのか、そして「あきた」の良さについても語り合いましょう。

もっと読む
お問い合わせ
トップへ戻る