「南極昭和基地で使われた断熱材!」 家づくりコラム

夢ハウス・ロゴ

無垢材の一戸建て新築・リフォームなら夢ハウス

自然素材の無垢木造住宅を全国へ!加盟店数400社!
日本最大のビルダーネットワーク加盟店募集中!

お問い合わせ・資料請求

家づくりコラム

コラム「南極昭和基地で使われた断熱材!」のサムネイル画像

家づくり

南極昭和基地で使われた断熱材!

夢ハウスでは、1階床・外壁の断熱材には、吸水性が低く、湿気の影響を受けない「ビーズ法発泡ポリスチレンフォーム(75mm)」を使用しています。一般の発泡スチロールとは違い、燃焼時に有害ガスを発生しません。燃焼ガスのCO2(二酸化炭素)も、紙を燃やす時の半分という分析結果が出ています。また、自消性があるので、安全でリサイクルができる環境に優しい断熱材です。(グリーン購入法適合商品)

45ab.jpg

約50年前、南極昭和基地でこの断熱材が使用されました。40年後持ち帰られ、日本大学工学部の研究室が調査したところ、経年変化がほとんど見られないことが確認されました。ビーズ法ポリスチレンフォームは断熱性能を長期間保持します。

他社で使用している「グラスウール」は湿気に弱く、水分を含むと縮んでしまうため、隙間が開き、断熱材としての効果を果たせなくなるケースがほとんどです。そこに隙間風が入り込み、内部結露を起こし、構造躯体を腐らせるのです。


一般の発泡スチロールのように90倍に発泡させれば価格も安くなりますが、夢ハウスでは30倍発泡なので丈夫で、大人が乗っても壊れません。価格はグラスウールの10倍から13倍ですが、夢ハウスでは標準装備されています。

→ すべてのコラム一覧へ戻る

施工事例 夢ハウス デザインブック
木のひらや
自由設計 郷の家
tsumiki リセット住宅
薪ストーブ
無垢にこだわる夢ハウスが新しくオンラインショップをオープン!
実際の夢ハウスを見る 見学会イベント 店舗一覧 メールマガジン登録
お問い合わせ・資料請求
健康志向の子育て世代に向けた新ブランド「tsumiki」シリーズが登場。