株式会社 夢工房 - トップページ

施工対応:
  • 自由設計
  • 郷の家
  • リセット住宅
〒545-0023
大阪府大阪市阿倍野区王子町2-17-26
公式ホームページ: http://www.yume-studio.jp

紆余曲折を経て飛び込んだ住宅業界と夢ハウスとの出会い

紆余曲折を経て飛び込んだ住宅業界と夢ハウスとの出会いイメージ 紆余曲折を経て飛び込んだ住宅業界と夢ハウスとの出会いイメージ2

普通の工務店さんに比べたら、私たち夢工房は一風変わった会社かも知れません。というのも、弊社社長の福本誠は、かつては全く家づくりとは無縁の世界に身を置いていたからです。

元々携わっていた業界は、医療系の精密機器メンテナンス。しかし、家族も増えて将来を見つめ「もっとやりがいのある世界を」と不動産業界へと舵を切ります。やがて自らも住まいづくりに携わりたいとの思いが強まり、大手ハウスメーカーに飛び込みました。

前職は、お医者さんを相手にする仕事だったこともあり、幅広いトークやクレーム処理力も自然と身に付き、誰に対してでも物怖じすることがなくなりました。そのおかげで、住宅営業の世界でも順調に成績も重ねていきましたが、やがて自分が行っている営業手法に疑問を感じるようになります。当初の見積もりでお客様に納得して頂いているのに、どんどん増えていく追加工事。結果として工事費は膨れ上がり、さらに職人さんたちの賃金を抑え付けて利益の増大を図る。そんな利益最優先の家づくりが嫌でたまらなくなりました。

「家づくりを一から見つめなおそう」。そう決心した福本は、住宅建築の流れや全体像を学び直すため、小さな工務店に身を移します。その後満を持して独立を果たしたのが1998年、まだ30代の後半でした。当時、建築業界は高気密・高断熱の家づくりが最新の住環境をつくるスタイルとして脚光を浴び始めていた頃。福本も時代の先端を走るべく高気密住宅を売りにした、とあるネットワークに加盟します。

最新の工法を手に入れ、お客様へ魅力をお伝えする日々。お客様のためを思って自信を持って取り組んでいると自負していました。しかし、ほどなくして大きな壁に当たったことに気がつきます。福本が当たった壁。それは「大都市圏の大阪では勝負にならない」というものでした。同様の工法を引っさげて増える一方の同業他社。そして価格での勝負。「これではハウスメーカーとやっていることは変わらない」。

自らが取り組む家づくりを見直すことの必要性を感じ、思い悩んでいた矢先にその存在を知ったのが、独自の木材乾燥技術を生み出して天然無垢材100%の家づくりに取り組んでいる新潟の会社、夢ハウスだったのです。その夢ハウスがビジネスパートナーを募集している。当時はまだ無垢材を前面に打ち出しての家づくりなど考えもしなかった福本は衝撃を受け、すぐに新潟へと向かうことにしました。

もっと読む

夢ハウスの家づくりを『取り入れる』ということ

夢ハウスの家づくりを『取り入れる』ということイメージ 夢ハウスの家づくりを『取り入れる』ということイメージ2

独立して高断熱住宅のネットワークに入り、家づくりに取り組んではいたものの「無垢材を使った家づくりはもとより集成材すらもその特性については深く理解していなかった」と福本が振り返る当時。

新潟に赴いて目にした夢ハウスの乾燥無垢材とその技術の粋を集めた工場には驚きを隠すことができませんでした。「大阪で大きな差別化が図れる」と確信し、赤塚幹夫社長の無垢材にこだわる熱い情熱にも心を打たれ、福本はビジネスパートナーへの加盟を決断します。

以来、現在に至るまで10年を超えて夢ハウスのビジネスパートナーとして大都市・大阪で家づくりに取り組み続けている夢工房。その特色は、私たちが追い求める「お客様が本当に満足する家づくり」の中に、夢ハウスが独自の技術で開発した高い品質の商品、そして地元新潟での豊富な経験に裏付けられたデザインを有効に取り入れている点にあります。

もちろん、夢ハウスから供給される商品だけで天然木100%の素晴らしい住まいが建てられることは言うまでもありません。近年では価格を抑え、工期も短縮できる規格型住宅もラインアップされています。しかし、私たちが家づくりに取り組む大阪・奈良は夢ハウスの本拠である新潟から遠く離れた場所。広大な敷地面積が取りにくい大都市圏での家づくりでは木の見せ方も地方とは異なる方式を採用することが多いだけなく、関西で好まれる色なども独特な面があります。また、部材によっては輸送コストの影響も考慮しなければなりません。

このため、夢工房では夢ハウスから供給される建材を厳選し、主に厚さ30ミリのアカマツの無垢フローリングや桐フローリング、無垢材100%の家具を自社の家づくりに取り入れています。そしてこのアカマツの無垢フローリングこそが、夢工房がこだわる家づくりの大きな要素の一つとなっているのです。また、当社のような少人数運営の工務店にとっては夢ハウス本部から得られる家の間取りやスタイルのアイデア、デザインは非常に大きな力になっています。

もっと読む

健康は全ての基礎、と考える家づくり

健康は全ての基礎、と考える家づくりイメージ 健康は全ての基礎、と考える家づくりイメージ2

夢工房では、よほどのことが無い限り暖房には床暖房を採用しています。

これは、空調機器で風を送ることを避けるため。当社のお客様には喘息やアトピー性皮膚炎などの持病をお持ちの方もいらっしゃいます。いずれも空気環境には敏感な方々。「風」を送ることで、多くの人は気にならないような細かな塵が無用な刺激を与えてしまう可能性も否定できません。足元からじんわりと暖かさを伝えることができる床暖房なら安心です。

 この床暖房を採用した居住空間を支えているのは、夢ハウスが独自の技術で開発した厚さ30ミリのアカマツ無垢フローリングです。他にない乾燥技術は、無垢フローリングでありながら床暖房による温度変化の中でも大きな寸法変化の心配がありません。節が多めの風合いは、柱を隠す構造の住まいで自然味を醸し出すアクセントにもなります。

また、冬や夏に快適な温熱環境を保つため、確実な断熱施工を施しています。断熱材にも夢工房では独自に天然素材のセルロースファイバーやウールを使用しています。さらに外壁と内壁にはシラス壁を使用。調湿性に優れ、メンテナンスも容易なため、多くのお客様に喜ばれています。

 地震の多い日本では、強い家であることが必須条件です。夢工房では太くて頑丈な基礎構造を採用。皆様の大切なご家族を地震から守ります。 土台は抗菌・防虫効果の高い無垢のヒバ、大引(木造建築で最下階の床を支えるための部材)にはヒノキを用いています。床下には調湿効果に優れた竹炭を敷き詰め、床下を環境良好に保ちます。

省エネ対策にも常に最新の技術の導入を視野に入れて取り組んでいます。今ではスタンダードになりつつある太陽光発電設備は、近く高性能な屋根一体型の製品を導入予定です。

【夢工房のホームページ】
http://yume-studio.jp

もっと読む
お問い合わせ
トップへ戻る