イベントレポート「構造見学会レポート①"断熱材と遮熱材"」

夢ハウス・ロゴ

無垢材の一戸建て新築・リフォームなら夢ハウス

自然素材の無垢木造住宅を全国へ!加盟店数400社!
日本最大の住宅ビルダーネットワーク

お問い合わせ・資料請求

過去のイベントレポート

開催日:2012-07-29

[構造見学会]

構造見学会レポート①"断熱材と遮熱材"

温度計の写真。外気温38度。夢ハウス住宅内26度
この温度差、なんだと思われますか? 
実はエアコン1台だけで冷房した夢ハウス住宅の室温と、同時刻に測った外の気温です。
ざっと室温の差は10度以上です。

7月28日~29日の2日間、新潟市中央区鳥屋野にて【郷の家Bestプラン】の構造見学会を実施しました。構造と題している通り、完成すると見えなくなってしまう骨組みや材料、設備をご覧いただけるイベントです。


こういったイベントを行う背景には
【住宅の見えない所にこそ本当の価値がある】と考える夢ハウスの方針があります。
家を長持ちさせる通気の良い基礎。
地震に強い土台や床、壁の構造。
適所に使われている断熱、遮熱材。
見えないところにもふんだんに使われた天然木の無垢材。
そして、しっかりと確立された施工方法。

1Fリビング

住宅展示場と比べると地味ですが「見えないところ」を見る機会は中々ありません。

今回は見えなくなる設備の中で、室内温度を快適に保つ「断熱材」「遮熱材」をご紹介します。何だか似ている名前ですが、仕組みは全く異なります。

①断熱材=熱伝導(高温側から低温側へ熱が伝わる)を防ぐ。
夏は外気からの熱が伝わらないように。冬には室内の熱が逃げないように遮断する効果があります。
材料は熱伝導率が低いことと、厚さが必要です。

発泡ポリスチレン床板の下や壁に設置される発泡ポリスチレンです。魚屋さんの発泡スチロールと同じ素材ですが、厚さはなんと75ミリ。発泡倍率も30倍にとどめており、軽くて頑丈です。(一般的な発泡倍率は90倍)
南極基地で使われ、40年間断熱効果を失わなかったというエピソードがある実績抜群の素材です。

硬質ウレタンフォーム壁には硬質ウレタンが吹き付けされています。こちらもプラスチックの発泡体になります。見かけは小さな泡の集合体で、この中に熱を伝えにくいガスが封じ込められています。
材料に自分から接着する性質を持っているので、隙間なく断熱層を作ることができます。


②遮熱材=太陽からの赤外線(輻射熱)を反射する。
夏は太陽からの熱を。冬には室内の熱を反射させる効果があります。
※断熱材だけでは赤外線が通り抜けてしまうため、遮熱材との組み合わせが効果的です。

アルミ遮熱シート外壁下地に貼り付けられたアルミ製遮熱シートです。アルミは赤外線を96%反射する性質を持ち、屋根や壁の適所に設置する事で効果を発揮します。


会場に設置されている遮熱実験グッズです。
ストーブと遮熱実験グッズ
赤外線ヒーターを太陽に、温度計が挿してある箱は壁に見立てています。結果は・・・・・。

遮熱シートなし=62度 遮熱シートあり=37度
なんと25度も違いました!


玄関の壁も遮熱、断熱   壁の硬質ウレタン断熱材とアルミ遮熱シート


こうした遮熱と断熱の設備はとても省エネになります。

そして冬はストーブ1台で外気温と30度の差が生まれ、とても暖かく過ごせます。
ぜひ見学会や展示場にて省エネルギーで快適な空間をご体験ください。

全国の見学会・勉強会スケジュール
遮熱のコラム
断熱のコラム

→ 過去のイベントレポート一覧へ戻る

施工事例 夢ハウス デザインブック
tsumiki
自由設計 郷の家
リセット住宅 薪ストーブ
無垢にこだわる夢ハウスが新しくオンラインショップをオープン!
実際の夢ハウスを見る 見学会イベント 店舗一覧 メールマガジン登録
お問い合わせ
健康志向の子育て世代に向けた新ブランド「tsumiki」シリーズが登場。